ケミカルピーリングの費用と治療期間と保険の適用

そもそも「ケミカルピーリング」とは?

「ケミカルピーリング」とは、皮膚に薬剤を塗り、
その作用によって皮膚の表面の角質を剥がすという美容目的の手法です。

 

通常、健康で美しいお肌は、およそ28日周期で
新しいお肌に生まれ変わっていますが、
このサイクルが崩れると、ニキビやくすみ、
シミ、シワなどの肌トラブルが起きてしまいます。

 

「ケミルピーリング」を行なうことによって、
古い角層が剥がれ落ちやすくなり、
新しい角質の生成が促され、お肌の生まれ変わりを活性化させることができます。

 

古い角質が剥がれ落ちて新たな角質が生成されると、
お肌の明るさがアップし、ツヤも出てきます。
また、メラニンの生成を抑制し、コラーゲンやエラスチンの生成を
促す作用があるので、くすみやクマもきれいに改善されます。

 

さらに、毛穴に詰まった皮脂汚れなども除去されるので、
背中のニキビやニキビ跡、毛穴の開き・ザラザラ感がなくなり、
スベスベのお肌を取り戻すことができます。

 

「ケミカルピーリング」は保険適用外

「ケミカルピーリング」は、医療(治療)目的ではなく、あくまでも美容を目的として
行なわれるものなので、健康保険の適用対象外となり、費用は割高になってしまいます。

 

病院やクリニックなどによって料金設定はまちまちですが、8,000円〜が相場となっています。

 

施術の所要時間は1時間弱ですが、1回の施術で終わるというものではありません。

 

これも、病院やクリニックによって異なりますが、ほとんどの場合、
最初の施術から2週間ごとに6〜8回程度は通院して施術を受ける必要があります。

 

さらに、その後は月に1回、メンテナンスとして施術を継続することで効果を維持することができます。

 

自宅でも「ケミカルピーリング」ができる?

通常、「ケミカルピーリング」は美容外科や美容皮膚科、
あるいはエステサロン(メディカルエステなど)で施術を受けるものですが、
最近では、自宅で自分でできる「ホームピーリング」と呼ばれるセットが
ドラッグストアやネット通販などで販売されています。

 

仕事などが忙しくて病院やクリニックに通っている時間がない場合は、
こうした「ホームピーリング」を試してみるのもいいでしょう。

 

美容外科などで使用しているものより弱い薬剤を使用しているので、
素人が扱っても問題ないように安全性が高くなっています。

 

ただし、効果があらわれるまで時間がかかったり、場合によっては薬剤がお肌に合わず、
思わぬトラブルが引き起こされる可能性もあります。

 

基本的には、正しく使うことでトラブルを回避することが可能ですが、
より安全で、高い効果を、少しでも早く実感したいなら、
専門の病院で医師の診察をきちんと受けたうえで、
医師の手による「ケミカルピーリング」を受けたほうがいいでしょう。

 

 

敏感肌やアトピーの人には「ケミカルピーリング」は向かない?

「ケミカルピーリング」は、化学薬剤によって皮膚の表面の角質層を剥ぎ落とす治療法です。
簡単に言ってしまえば、薬品で皮膚の表面を溶かして、お肌の状態を改善するというものです。

 

「ケミカルピーリング」で使用する薬剤は、強い刺激を持つ酸性の液体です。

 

そのため、施術を受けると誰でも多かれ少なかれ、
火照りや赤みが生じることがあるので、施術後にはしっかりクールダウンが行なわれます。

 

つまり、「ケミカルピーリング」はお肌にとって強い刺激となるものなので、
世間では敏感肌の人には向かないと思われているようです。

 

ましてや、ひどい炎症や痒みが伴うアトピー性皮膚炎の人は
絶対に避けるべきとさえ思われているようです。

 

実際、ネット上でも「敏感肌の人は症状を悪化させるから受けないほうがいい」とか
「アトピーの人が施術を受けたら症状がひどくなった」といった、
もっともらしい記述がいくつも見られます。

 

しかし、それらはすべて正しい情報ではありません。

 

「ケミカルピーリング」は、敏感肌の人や、アトピー性皮膚炎の人でも、
まったく問題なく受けることができ、他の人と同じように症状の改善効果が見込めるのです。

 

敏感肌やアトピーでも大丈夫な理由

「ケミカルピーリング」の施術前には必ず医師によるカウンセリングが行なわれ、
患者の皮膚の状態や肌質、肌トラブルの程度などをしっかりチェックします。

 

そのうえで、それぞれの患者に合った薬剤の種類や濃度、塗布時間などが決められます。

 

つまり、敏感肌やアトピーの人の場合は、刺激の少ない薬剤を選んだり、
濃度を薄くしたり、塗布時間を短くするなどの配慮がなされます。

 

それにしたがって施術が行なわれるので、「ケミカルピーリング」によって
症状が悪化したり、新たな肌トラブルが生じるといった心配は一切ありません。
そもそもカウンセリングの段階で、「ケミカルピーリング」を行なうとお肌に
問題が生じる恐れがあると判断された場合には、施術は見送られる
ことになります。

 

このように、敏感肌の人やアトピーの人が「ケミカルピーリング」を
受けることによって、症状が悪化するといったことは心配する
必要のないことなのです。

 

信頼できる医療機関で施術を受けることが大事

ただし、医療機関(美容外科や美容皮膚科など)以外のエステサロンなどでは、
カウンセリングが不十分だったり、施術をするスタッフの技術不足などによって、
症状が悪化する恐れがあります。
実際、敏感肌やアトピーの人がエステサロンなどで「ケミカルピーリング」の施術を
受けたことで症状が悪化したという事例はあるようです。

 

そうしたことから、世間では「敏感肌にケミカルピーリングは向かない」という
誤った評判が広まってしまったのだ思われます。

 

きちんとした医療機関で適切な施術を受ければ、敏感肌やアトピーの人であっても、
症状の悪化や肌トラブルの発生といった事態が起きることはありません。

 

敏感肌やアトピーの人に限らず、「ケミカルピーリング」を受ける際には、
しっかりとしたカウンセリングを行なったうえで施術を行なってくれる、
信頼できる医療機関を選んで受診するようにすることが大事です。